就職氷河期世代対象の公務員中途採用まとめ(2020年08月11日時点)

前回から5日ぶりの更新。

 

■募集終了 / 試験実施中(オレンジ色案件:1次試験9月20日 / 緑色案件:1次試験9月27日)
<< 省略 >>

 

■募集中 / 募集検討中(オレンジ色案件:1次試験9月20日 / 緑色案件:1次試験9月27日)

■まとめ対象について
下記に該当する募集は除外する。
・採用者が確定した募集
・建築士 / 保育士などの資格や関連する学歴が必要な募集
・年齢条件と就職氷河期世代との重複期間が5年未満の募集
・「氷河期支援」を明示している職種がある場合、他の職種は氷河期が応募可能であっても除外
・「氷河期支援」を明示している募集がある場合、同一自治体の他の募集は氷河期が応募可能であっても除外

 

■募集タイプについて
誰(誰でも)
職歴不問。学歴不問(または高卒以上)。

非(非正規優先)
正規雇用経験がない(または短い)ことが条件の募集。

正(正規優先)
正規雇用経験がある(または非正規でも長期間の雇用経験がある)ことが条件の募集。

-(不明)
詳細不明なもの

 

■試験状況関連
岡山県岡山市(1次試験状況)
応募1465名に対し受験者は1072名。26.8%が棄権しており、最近各案件で棄権率の上昇が目立っている。

和歌山県(2次試験結果)

神奈川県(最終結果)
当初10名採用予定だったが、17名まで大幅増員。103.5倍だった倍率は60.9倍まで低下している。

 

■静岡県下田市
募集要項
一般事務職(U・I・Jターン枠)2名募集。氷河期枠ではないが氷河期世代も対象としている旨の表記あり。直近7年で5年以上の職務経験が必要となっているが、会社員 / 自営業者は職務経験にできるものの非正規労働者については明示されていないため、「正規優先型」としておく。

「不安定就労等を余儀なくされた世代も対象」にしているわりに、結構安定した職務経験を求めているのが矛盾してるような気はするが、1次試験が9月20日で且つ静岡県外在住が条件となっているため、低倍率間違いなしと言えるだろう。

情報処理 / 保育士等の募集もしているが、そちらは有資格者対象のため、まとめ対象外とする。

 

■各案件実施結果

前回から募集終了案件の掲載を省略しているが、その代わりに上図を掲載していく予定。

まず「氷河期支援案件の合格者数累計」では、去年の愛知県職員募集以降で、当ブログがまとめ対象とした案件の合格者数を累計している。今回神奈川県の17名が加算され127名の氷河期世代が公務員になっていることがわかる。ちなみに、そもそも各案件をまとめ対象にするかどうか、何度も変更を重ねているため若干誤差はある。大まかな目安レベルで見てもらいたい。

その下には、倍率上位10案件をまとめている。国家公務員と村職員を同列に扱うのもアレなので、「国家公務員 / 都道府県職員」と「それ以外」で分けてみた。そもそも倍率不明案件も多いが、高倍率については世間的にも注目されるため、漏れなくまとめることができそう。一方で低倍率案件については、倍率不明案件にも低倍率案件が潜んでいる可能性が高く、下位10案件をまとめても不正確な情報となるため、断念している。

 

■まとめ
今回から、試行的に図を追加してみたが、どんな情報が役立つ情報なのか やや苦戦している。ただ「県職員案件でも倍率が低いやつがある」や、「市町村職員案件は50倍超えると高倍率と言えそう」のような、ぼんやりと見えてくる部分はあると思われる。何かしら思いついたら、より良い形に変更していきたい。

関連記事

 

広告

 

管理人プロフィール

専業投資家+1級ファイナンシャル・プランニング技能士+元システムエンジニア。
働き方を改革しすぎて迷走中。

twitter
詳しいプロフィール
対象とする読者
プライバシーポリシー  
 

記事検索

最近の記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930