就職氷河期世代対象の公務員中途採用まとめ(2020年10月06日時点)

前回から5日ぶりの更新。

 

■合格者累計 / 倍率(灰色:終了案件 / オレンジ色:1次試験9月20日 / 緑色:1次試験9月27日)

■募集中 / 募集検討中

■まとめ対象について
下記に該当する募集は除外する。
・建築士 / 保育士などの資格や、関連する学歴が必要な募集
・年齢条件と就職氷河期世代との重複期間が5年未満の募集
・「氷河期支援」を明示している職種がある場合、他の職種は氷河期が応募可能であっても除外

 

■募集タイプについて
誰(誰でも)
職歴不問。学歴不問(または高卒以上)。

非(非正規優先)
正規雇用経験がない(または短い)ことが条件の募集。

正(正規優先)
正規雇用経験があることが条件の募集。

-(不明)
詳細不明なもの

 

■最終結果
岡山県岡山市
採用予定6名のところ8名合格。倍率244.2倍から183.1倍に低下。

神奈川県大和市
採用予定1名のところ0名合格。72名の応募はあったが合格者無しは初めてのケース。 ※参考:総務省まとめ

京都府城陽市
採用予定若干名のところ1名合格。倍率66.0倍。

 

■応募状況
埼玉県寄居町
採用予定若干名に対し応募112名。 ※参考:総務省まとめ

山口県宇部市
採用予定2名に対し応募67名。倍率33.5倍。 ※参考:総務省まとめ

岐阜県高山市
採用予定1名に対し応募8名。倍率8.0倍。 ※参考:総務省まとめ

熊本県阿蘇市
採用予定5名に対し応募63名。倍率12.6倍。 ※参考:総務省まとめ

徳島県小松島市
締切1週間前で応募者数わずか2名だったが、最終的に40名応募。

長野県
採用予定若干名に対し応募355名。 ※参考:総務省まとめ

 

■新規募集
沖縄県那覇市
意思表明は2月頃だったが、ようやく募集内容が確定した。「誰でも型」若干名採用。年齢要件が広めで1966年生まれから応募可能。

神奈川県相模原市
環境整備員(7名募集)
道路技能員(2名募集)
保育調理員(1名募集)
「誰でも型」10名募集。ごみ収集などを行うため事務ではない。技術系のように見えるが特別な経歴は必要なく、環境整備員 / 道路技能員のみ普通自動車免許が必要なだけとなっている。ただ、保育調理員は何も必要とされていないものの、実質的にはさすがにそれっぽい経歴が必要になると思われる。

愛知県幸田町
高卒以上の「誰でも型」若干名募集。1次試験では筆記に加えていきなり面接が予定されている。結構珍しいので筆記が苦手な人は少しだけ有利になるだろう。

 

■誤記訂正
静岡県
採用予定7名に対し応募231名。倍率33.0倍。当初応募171名と紹介したが、途中結果だったようで訂正。 ※参考:総務省まとめ

 

■まとめ
今回は「10月5日時点」で更新された総務省まとめの内容も参考に更新している。

神奈川県大和市の「合格者ゼロ」はこれまでで初めてのケース。仕方ない結果とは言え72名も応募があったので にわかに信じがたい。「正規優先型」であれば期待した人が来なかったケースも考えられるが、こちらは「誰でも型」案件。おまけに年齢要件も狭くしたうえでの合格ゼロなので、支援したいのかどうなのかが疑われるレベルと言えるだろう。次回の汚名返上を期待したい。

岐阜県高山市では久しぶりの「倍率1桁台」が発生したが、過去の結果を見返すとそんな案件はこれまでもチラホラ存在していたので、まとめてみた。

// 2020/10/08追記
当ブログが応募状況を把握できている案件のみでまとめたものなので、北海道三笠市など状況が不明な案件は含まれていません。なので、下記以外にも低倍率案件が存在する可能性は高いことから、参考情報としてご覧ください。

採用数が多い(または予定から増員)場合、低倍率になるのは当然だが、採用数僅か1名でランクインしている秋田県羽後町 / 岐阜県高山市 / 和歌山県新宮市が目を引く。その中でも岐阜県高山市は2位と7位にランクインしており、特段クセのある募集ではないものの、応募が集まらないなかくじけず募集を繰り返し、それでも応募が集まらないという、残念な状態になってしまっている。支援の気持ちはビリビリ伝わってくるので応援したい。

関連記事

 

広告

 

管理人プロフィール

専業投資家+1級ファイナンシャル・プランニング技能士+元システムエンジニア。
働き方を改革しすぎて迷走中。

twitter
詳しいプロフィール
対象とする読者
プライバシーポリシー  
 

記事検索

最近の記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930