カテゴリー:資産運用

株式投資さっそく計画見直し

2020.03.30

先日の記事で、株式投資デビュー戦の計画を練り上げたが、さっそくアラが出てきた。素人丸出しになってしまっているが、一つずつクリアしていく。■見直しが必要な部分・最低購入単位が100株1株単位で買えると思い込…

詳細を見る

株式投資デビュー戦開始

2020.03.25

先日の記事で株式投資デビューを表明し ノリではあるが銘柄も決まったので、あとは「いつどのくらい買うのか」ということを考えてみる。■いつ買うか下がりきった時に買えるととてもうれしいので、現在の状況がどんなものな…

詳細を見る

野生の勘で株式投資デビュー

2020.03.20

リーマン・ショックの時は、30歳前後の資産運用の「資」の字も知らない普通の会社員だったことから、全く被害は受けていない。取引先のお客さんが盛大に散華していたことは記憶に残っているが、自分自身とは関係ない話と思っていた。なので、その後のアベノ…

詳細を見る

資産運用状況と見直し(2020年03月)

2020.03.18

先日の記事で、私の場合「40代の余裕資金は500万円くらい」ということと「50代以降の余裕資金は100万円くらい」の2つがわかったので、今回はそれを踏まえつつ現在行っている資産運用の見直しを行う。最近相場状況がかなり荒れ模様なので、…

詳細を見る

余裕資金がいくらなのかを考える会(詳細編)

2020.03.17

以前の概要編では、「現在浮いているお金」と「年齢別リスク許容度」から、余裕資金を出すのが適当と結論づけたので、今回はそれをさらに詰めて、結局いくらなのかを確定してみる。■「現在浮いているお金」から「使途確定資金」…

詳細を見る

余裕資金がいくらなのかを考える会(概要編)

2020.03.13

余裕資金はいくらなのか先日の記事ではそのあたりを詰めてみたが、「人それぞれ」という抽象的な結論に至っている。このままだといくらなのか分からないので、私の状況を元にして いけるところまで具体化してみる。昨今のコロナウィルスショックでメ…

詳細を見る

余裕資金っていくらなの?

2020.03.11

昨日の記事で、不況になったときの資産運用についてまとめたが、結局のところ「投資は余裕資金で」という、至極まっとうな結論になってしまった。とは言え「余裕資金」とはいったいいくらなのか。それが曖昧になっていると結局勝負所でおたついて、下り坂を転…

詳細を見る

積立投資中に不況になったら何をすれば良いか

2020.03.10

コロナウィルスがだいぶ流行している。小学校などが休校になったり、時差通勤が広がっているようではあるが、素人目に見ても終息の気配はないし、連日株価が乱高下しいることから、あからさまに景気後退局面入りしていることがうかがえる。昨年あたりから積立…

詳細を見る

企業年金の減額とおっさん早期退職の合わせ技は今後も続くかもね

共同通信:みずほ、53歳以下の企業年金減みずほFGが企業年金の減額を始めた。収益低下によって「53歳以下全員」の企業年金を2020年10月から減額するとのこと。地味に「48~53歳の場合は2020年度中に辞めれば減額しない」としても…

詳細を見る

iDeCoは暴落に耐えられるか。

2019.11.07

先日の記事でiDeCo / 小規模企業共済の節税効果が高いことが確認できたが、iDeCoについては暴落のリスクがあるので、そのあたりを調べてみる。■前提・40歳に運用開始。59歳までの20年間を想定。・暴落は1回だけ発生。…

詳細を見る

投資信託の素人がつみたてNISAとiDecoと小規模企業共済を1年くらいやった結果

2019.11.06

個人事業主になって1年半ほどたった。それまで資産運用には無縁だったが、個人事業主になると将来が不安になるので、iDeCoの検討を手始めに、つみたてNISA / 小規模企業共済に手を出している。実際の運用が1年程たったので、結果をおさらいして…

詳細を見る

「職場つみたてNISA」をやってる人は激レア

2019.09.11

先日金融庁の税制改正要望を取り上げたが、その中に「企業がNISAをやっている従業員に奨励金を出している」話があった。「そんな会社あんの?」と思ったので、そのあたりを調べてみると「職場つみたてNISA」なるものがあったので、どんなものか見てみ…

詳細を見る

金融庁のNISA促進案が地味

2019.09.06

金融庁がNISA利用促進を求めているとのこと。参考データ①:共同通信 金融庁、NISAの恒久化要望(老後資産形成へ)税制改正「要望」なので、実現するかはこれから決まる話だが、しごくまっとうな報告書を作ったら「老後2千万円足り…

詳細を見る

老後になるにつれて、保有資産を少しずつ低リスク資産に移行する例

2019.08.06

資産運用についていくつか調べてきたが、老後直前の大暴落リスクを減らすため、年齢を経るにしたがって低リスク資産へ移行していくのが良いらしいことがわかっている。現役時代に中リスク商品の積立投資を行った場合、どのようにして低リスク商品へ移行してい…

詳細を見る

iDecoと小規模企業共済の節税効果確認

「節税効果は絶大」と信じているiDecoと小規模企業共済の節税効果だが、結局いくら節税できているのかは数字で出していなかったので、会社員と自営業で所得のパターンごとに節税効果を算出してみた。■前提小規模企業共済は自営業者しか入れ…

詳細を見る
 

広告

 

管理人プロフィール

専業投資家+1級ファイナンシャル・プランニング技能士+元システムエンジニア。
働き方を改革しすぎて迷走中。

twitter
詳しいプロフィール
対象とする読者
プライバシーポリシー  
 

記事検索

最近の記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031